戦前の平均身長はどれくらい?

戦前の平均身長はどれくらい?


戦前の平均身長について知りたいと
いう方がいるようです。

 

 

今の日本人との比較をしたいのか?
目的はよくわかりませんが、
実態のデータとしては

 

 

1950年の平均身長で
男性 160.3cm
女性 148.9cm
というような数値があります。

 

 

現在は
男性 170cm程度
女性 158cm程度
となっていますから

 

 

戦前と比べると平均身長が
男女ともに約10cmは伸びたと
いうことになりますね。

 

 

何故10cm伸びたのか?

 

何故10cmも平均身長が伸びたのか?
といいますと、それは食糧事情の改善と
いうところと食生活の欧米化ということに
なりますね。

 

 

日本食は健康にいいとされているところは
ありますが、身長を伸ばすには洋食の
方がいいということなんですね。

 

 

アジア系は平均身長が低くなっていますが
欧米系は高い平均身長となっています。

 

 

そして日本人も戦後になって急に
伸びたということを考えると、
これは人種の問題もないとは
いえませんが、栄養面の問題というところが
大きいということになりますね。

 

 

身長は遺伝ではない

 

戦前の日本人の平均身長が低くて
これまでに10cm伸びているという事実からも
身長が遺伝だけで決まるというものでは
ないということがわかるかと思います。

 

 

栄養面を変えていけば、それによって
身長は伸びていくもの。

 

 

個人差はありますが、まだ成長期であれば
十分に伸ばしていくことは可能なのです。

 

 

栄養を大切にするのということで
毎回の食事をきちんと考えていくこと。

 

 

そしてできるのであれば
アスミールドクターセノビル等の
サプリメントを飲んでみるというのも
考えてみてもいいかもしれません。

 

 

身長を伸ばすサプリメントについて解説!のTOPへ