大人になってから身長が伸びることは実際にある?

大人になってから身長が伸びることは実際にある?


身長を伸ばすことができるのは
実際に成長するのであれば
骨端線が閉じるまで=成長期が終わるまで。

 

 

それ以降はストレッチで縮まっている身長が
伸びることはあっても、それ以外の方法はない。

 

 

これが今の身長に関する常識となっているかと
思われます。

 

 

ただ、大人になってから身長が伸びたという
話が結構あるんですよね。

 

 

中には適当なことを言っていたり、
ステマだったりするようなものもあるのでしょうけど
全部が全部そうとも思えないというところがあります。

 

 

・26歳の先輩が最近になって少し
 身長が伸びたと言っていた。

 

・25歳まで身長が伸びた。

 

・30歳を超えてから1cm伸びてたまたまかと
 思ったけど、何度測っても伸びていた。

 

・30歳くらいまでに微妙に伸び続けた。

 

・夫が28歳頃まで伸びていた。

 

・26歳あたりから少しずつ背が伸びていった。
 思い当たるのはジムに通ったことくらい。

 

・20代女性で大人になってから3cmも背が伸びた。

 

・結婚してから3cm以上伸びました。
 40歳を過ぎたら伸びなくなりました。

 

 

このような話が結構出ているんです。
こういう話を出して何かの商品を売るのであれば
怪しいなあ・・と思うかもしれませんが、
特にそういったこともないものもあります。

 

 

全員が姿勢が矯正された、O脚が治って
身長が伸びたとも考えにくいですよね。

 

 

骨端線が閉じたら身長は伸びないのか?

 

こういった話を聞くと骨端線が閉じたら
本当に身長は伸びないのか?ということにも
疑問が出てきてしまいます。

 

 

この人達がもしかすると、何らかの偶然で
大人になっても骨端線が閉じない人達だったのかも
しれません。

 

 

ただ、閉じていても伸びる可能性もあるのかも
しれません。

 

 

どちらにしても10代後半を過ぎたら身長は
絶対に伸びない。偶然的に20代前半で
骨端線が残っていてもそこで限界、というような
説が覆る説もあるのではないでしょうか。

 

 

これは科学的に証明された話ではないので
何の裏付けもありませんが、事実伸びている人が
いるということは、そのうち新たな説が出てきても
おかしくないと感じてしまいます。

 

 

身長を伸ばすサプリメントについて解説!のTOPへ