予想身長の計算式は正しいのか?

予想身長の計算式は正しいのか?


両親の身長から身長を予想できる
計算式というのがあります。

 

 

それが以下の計算式となっています。

 

・男子の身長=(父の身長+母の身長+13)÷2+2
・女子の身長=(父の身長+母の身長−13)÷2+2

 

 

この身長の計算式は正しいのでしょうか?

 

例えば
父 170cm 母 158cm の場合
男子は(170+158+13)÷2+2 =172.5cm
女子は(170+158 -13)÷2+2 =159.5cm

 

 

父が低く 165cm 母 158cm の場合
男子は(165+158+13)÷2+2 =170.0cm
女子は(165+158 -13)÷2+2 =157.0cm

 

 

父が高く 175cm 母 158cm の場合
男子は(175+158+13)÷2+2 =175.0cm
女子は(175+158 -13)÷2+2 =162.0cm

 

 

この数値だけ見ていかがでしょうか?

 

 

個人的には全然あっていないというように
感じてしまいました。

 

 

偶然合っている人もいるかもしれませんが、
あまり正しくないのではと思います。

 

 

というのも計算式で出せるというのは
両親からの遺伝の部分でしかないからです。

 

 

今では身長における遺伝の関係は
25〜30%程度しかないということになります。

 

 

7割以上も違うことが要因であれば
数cmの誤差なんてもう遺伝は関係ない
レベルになってしまいませんか。

 

 

実際には親の身長を大幅に上回る人や
兄弟がいても、兄弟間で全然身長が
違ったりすることは多々ありますので、
この計算式は参考以上のものには
なりません。

 

 

また両親の身長が低いからといって、
必ずしも自分も低くなるとは限らないと
いうことにもなります。

 

 

身長を決める残りの要素は
運動・睡眠・食事ということになってきます。

 

 

しっかりと健康管理をして、よいコンディションを
整えていけば身長は伸び続ける可能性が
あるのです。

 

 

成長期の時期であればサプリメントを
とって伸びやすい体をつくっていくというのも
いいかもしれませんね。

 

 

今の身長に不満があるのであれば
アスミール等のサプリメントを飲んでみることを
考えてみるのはどうでしょうか。

 

 

身長を伸ばすサプリメントについて解説!のTOPへ