子どもの身長は遺伝なので諦めている

子どもの身長は遺伝なので諦めている


子どもの身長も遺伝してしまうので
伸びてくれるのも諦めている。

 

 

もしそんなことを考えているのであれば
それは大きな間違いになります。

 

 

今では遺伝の影響はせいぜい25%程度の
話ではないかということが言われています。

 

 

親が大きいから自分も大きくなる、
親が小さいから自分も小さくなる、
そんなことが起こらない現象は既にたくさん
見てきているはずです。

 

 

親の身長を大きく超える。
逆に小さいまま親を超えられない。
兄弟なのに身長が全然違う。

 

 

こういうことは実際によく起こりますよね。

 

 

昔の平均身長は低かったのに
今は高くなっているというのは、
単純に遺伝では証明できないという
話になっています。

 

 

進化的な話にしてもここ数十年だけで
いきなり平均身長が上がるなんてことは
ありえません。

 

 

一番身長に影響があるのは
食生活、生活習慣というところになって
くるのです。

 

 

どれだけ栄養のあるものを食べて、
運動して、きちんと睡眠をとったのかと
いうこと。

 

 

こうした生活習慣の積み重ねの差によって
身長に差がついてくるのです。

 

 

生活習慣を変えて身長を伸ばす

 

個人差があるのは間違いありませんが
生活によって大きく身長は変わります。

 

 

夜更かしして夜にスマホやパソコンを
やっているような人と、22時には寝て
すっきりと休んでいる人。

 

 

成長ホルモンが促進されて背が伸びるのは
どちらになるのかは明らかな話です。

 

 

また昔からバスケやバレーをやると
身長が伸びるなんてことは言われていますが、
必ずしもそうだとは限りませんが、
何らかの足に刺激があるのは伸びるきっかけと
なるもの。

 

 

家に引きこもっていて、何もしていないのと
何かちょっとでも動いているのでは
異なる可能性があります。

 

 

そして最大の要因が食生活。
戦後、日本人の食生活が欧米化して
身長が伸びたとも言われています。

 

 

身長を伸ばすにはたんぱく質が重要で
肉類が良いという話もありますね。
身長が伸びるための栄養がある食事を
していけば身長は大きく変わっていくのです。
肉・大豆・乳製品は良いとされていますね。

 

 

栄養素を最大限取り入れるには

 

身長が伸びるための栄養素最大限
とりいれるにはサプリメントを利用した方が
いいとされています。

 

 

食生活ですべての必要栄養素をバランスよくと
いうのは難しいです。
中には食生活では相当な量を食べないと
得られないものがあります。

 

 

普通にお腹いっぱいに食べるのと、
必要ある栄養素をとるのは別の話になります。

 

 

サプリメントということで人気・おすすめなのは

 

アスミール

 

ドクターセノビル

 

フィジカルB

 

 

というようなものがあります。

 

 

こういったサプリメントを利用して
身長を伸ばしていく、今低いのであれば
標準レベルになるまで飲み続けていくと
いうのも良い方法になるかと思います。